戻る    交通安全を含む 生活の安全

 


 

 ここでの「生活の安全」とは、複数の人が働く職場以外の場所を指し、主に家庭内の安全と衛生についてです。

家庭での事故災害が多いのは、乳幼児や高齢者です。

 乳幼児危険を理解できない

 高齢者思うような動きが出来ない


 子供の学校関係では、以下の3つの切り分けがあり、地域が参画する交通と災害について、私共が考える「生活の安全」の対象です。

1. 生活安全: 学校内で過ごしている時間、課外授業など含まれる

2. 交通安全: 登下校時

3. 災害安全: 何時起きるか分からない災害への対応


 高齢者で考えると、家庭の介護に行き着くと思います。
 老老介護は介護する側の負担は大きく、その身内はいつも心配しながら過ごしています。安全に生活するには家の中の整備が必要になります。高齢介助者の体格に合わせた要介護者の寝床、食事、トイレの高さ・大きさの設定をすること、負担軽減の器具を利用することで負担を少しでも減らします。これらによって身内は安心して様子を見ている事が出来ます。


 家庭内の危険源は、大人でも気づかない、気づいているが日々の生活でやり過ごしてしまうことで発生し、それらが自分自身や子供にとって不幸な事態を招き、その時になって後悔することがあります。ニュースなどで知っていながら放置していたことを悔やむことがその例です。

 最近、改めて身の回りを見ると、痛ましいニュースを聞く度に「法律やモラルがあって守られなかったのか」、「不幸な結果になる可能性を知っていて、なぜやめられなかったのか」とその時は思います。しかし、時が経つと安易で危険の先送りをしてしまう選択肢を選んでいます。

そして問題が起きて被害が大きくなった時に、犯人探しや責任追及に関心が集まり、報道もそこに集中してしまい「どの様な背景があったのか」事故に至った流れは隠れてしまいます。


 再発防止を専門の立場で考えるときに、事故・災害の始まり、源流を知ることで将来起きると予想される事故災害の、その切っ掛けを見つけることができます。

 事故・災害の悲しみとその切っ掛けを知ることで、日ごろの関心は事故・災害防止へと向きます。そして危険に敏感となり、安全を意識した行動をするようになると思います。

 長くなりましたが、家庭の中、通勤・通学の危険源を知ることで安全を意識した安心できる生活を送りたいものです。



事故事例から

冷蔵庫のコンセントの埃が湿気を持ちトラッキングが起きて火災になる。

ポットを倒し、足にお湯が掛かり火傷する。

3 食品の乾燥材を誤って食べる、

乳幼児がタバコ・ 電池・お金を誤まって食べる。
 リチューム電池は潰瘍の原因
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka1947/100/8/100_8_864/_pdf

食品を喉に詰まらせ窒息する。(餅、噛み切りにくいゼリーなど)

乳幼児が風呂桶に落ちて溺れる。 ベランダに置かれた水槽に幼児転落

階段を踏み外して落下し骨折する。

引き戸やドアーに指を挟み骨折・打撲する。

9 廊下を滑って転び腰を骨折。高齢者の段差越えで躓き足の指、又はついた手を骨折。

特に高齢者が新聞紙やコタツの掛布団につまづき倒れる。

10 飾り食器を毎日使うと、鮮やかな色を出すカドミュウムが溶け出し摂取する。

11 古くなった扇風機から発火した。(モータの絶縁劣化や、コンデンサの劣化か高周波)

12 高所に置いた重い物を掴んで持ち損ね自分に当たる。

13電子レンジ内の液体が突沸(液体が爆発の様に飛び散る)する。

14 古い消火器の爆発(錆びてもろくなった部分)

15 トイレ用など洗浄剤を2種類混ぜて塩素ガスが発生し、吸い込んで死亡した。

  16 都市住宅ビルの夜間温度が低下せず、クーラーを使わないために熱中症になった。

  17 玄関口で防水スプレーを掛けていて、ガスを吸い込み気分が悪くなった。

  18 欠けた食器で手を切った。(食器を洗っていると皮膚がふやけて切れやすくなる)
  19 包丁に物が当たって調理テーブルから落とし、足に刺さりそうになった。

  20 地震でタンスが倒れ下敷きになった、及び棚から物が落ちて当たった。
   落ちたもの、壊れたものを踏んで足を切った。


以下に分野別の項目を挙げてみました。製品の問題は法律である程度防止効果あります。
使用者の私たちが不用意や誤った使い方をすれば、法は事故防止に何の効果もありません。

食の安全 : 食品・薬品・栄養剤、           食品衛生法、薬事法
      食器・調理器具・調理方法と保管      
有害物質を含有する家庭用品
                           の規制に関する法律


住宅の安全: 高齢者(バリアフリー化)、乳幼児への対応  
高齢者、障害者等の移動等の
                           円滑化の促進に関する法律

      高層建築化、素材の化学物質、       建築基準法

電化製品 : 感電、火災・爆発、予期せぬ起動や動き   PL(製造物責任)法、
                           電気用品安全法、他

危険物  : 灯油・ガソリン・燃料ガス         地方の条例・消防法、高圧ガス
                           保安法、他


危険を知ってリスクを無くしていく、及び管理することが自分や家族の身を守ることになります。

   1. 生活安全のリスクアセスメント説明.pdf へのリンク

   
   2. 「水田の畦、草刈作業のリスクアセスメント」へのリンク  修正2: '12.8/21
 
      この草刈リスクアセスメントの内容を、自分に合わせた内容に書き換えて、
     危険源を知った上での自分環境に合う作業手順書を作成してください。   
     何が危険か分かれば、自分なりに対策をしていただくことを期待します。

     
   農業機械士のデータ: H23度の報告書です。草刈などで身につまされる事故情報がありました。
      http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/anzen/pdf/23_hokoku_sho.pdf


 河川の堤防草刈は複数の作業者が同時に刈払機を操作するため、全体が秩序立った作業をしなければ事故が起き易くなります。
作業手順を決めていただくための参考に次の手順書を掲示いたします。 
    2-1. 堤防草刈手順書.pdf へのリンク   


ノロウイルスの特徴と対処方法についてA4一枚に簡単にまとめました。  
家庭で出来るのは手洗い煮沸消毒スチームアイロンなどで加熱して生きたウイルスを減らす事でした。

電気柵は、柵に触れた動物の皮膚に、高い電圧で微電流を流すことで痛い衝撃(電撃)を与えて、「ここに来ると痛い目に合う」ことを学習させ、動物を殺さずに追い返す役割を持っています。
その電撃について次の資料を参照してください。 
    3. 電気柵、電撃で動物の侵入を防ぐ へのリンク